2021 1月まとめ

今月 +78,125
(税引き後)

 

株 +124767

約定数 424

集中度
114(時間)/64.5
達成率56.5%


松井証券メンテ中。
気になる事あれば追記。




集中度は簡単に言うと、
19営業日×6時間の114時間中64.5時間しかちゃんと参加してなかったって事。こうやって数字で見るとマジでなにやってんだろうって感じだね。


今見返してるけど、

BTCFX動く

朝までやって寝不足。しかも負ける。

萎える

朝起きれず

こんな感じやね。
12日~23日はBTCfxと株両方でひたすら損切りしかしてなかった。
含み益が消えて損切りってパターンも多くて結構萎えてたの思い出した。

 

こんなだけど、10万円以上勝てたのは非常にありがたい。

ちょっとずつだけど成長してる感あるからそこは〇

 

BTCFX -46642

取引数 68
勝率 33.8%
損益 -46642

最高勝ち +51877
最高負け -25536


勝率悪すぎ。

ドローダウンは10万円ほど

こつこつこつこつ10万円負けると、


た、の、し、く、ない


マジで、対応しないとだなぁ。





具体的に
逆張り良さそう。
逆張りはコツコツドカンで勝率は高くても期待値は微妙かなと思ってた(実際、逆張りメインでやってた人達はほぼ消えた。結局、1回の常軌を逸した値動きの時に全て持ってかれるんだよね)んだけど、「ドカン」と食らいそうな動きはある程度分かるから「ヤバイと思ったら成行」を徹底すれば全然イケそう。昔は注文が通らず貫かれて死んでいたけど、今は初動ならそれがなさげ。




ドカンと食らいそうな動きとは
遅延で注文が通らない、注文がはじかれる状態の事。

 



今は初動で遅延発生する事少ないから「躊躇なく成行で損切り」すれば、大けがする確率はかなり低い。コツコツ小ドカンならいけそうかなと。






チャンスありそうなら積極的に逆張りするべし。
ただし、やばいと感じたら躊躇なく成行で損切りすべし。
遅延が酷い時は逆張りNG。順張りも相当慎重にやった方がいい。








                  

ホームへ

 

 

ランキングに参加しています
ランキングへ飛びます

コメント