ナンピンについて

ナンピンとは?

難平(ナンピン。何品とも)とは、株式など相場の売買手法の一つ。

「難」は損のことを指し、それを「平均」することから、難平と書く。言葉の意味から、「何品」と書くのは誤用となる。

買い建てた後に価格が下落した場合、下値で買い増しすることで、1株あたりの買い値(平均取得価格)を下げる手法である。平均取得価格が低くなることで、その後の上げ幅が少なくても、利益が出る・±0・軽微な損失で処分する等が可能となる。これが「ナンピン買い」である。空売りした後で株価が上昇した場合に、上昇後の値段でさらに売り増しする「ナンピン売り」もある。

例:1000円で1株を買い、800円に下落したとき更に1株買えば、平均価格は900円。その後901円まで戻れば利益が出る

期待通りに価格が戻れば上記のように利を得ることができるが、失敗した場合は損失が上乗せされる。

例:上の例で800円から更に下がれば、損は倍の早さで膨らむ。600円での損は難平しなければ-400円、難平すれば-600円。

ナンピンは不成功に終わった場合、損失額が拡大する。難平は結局、確率上の有利と、損失額における不利の交換に過ぎない。

ある企業の株価が長期にわたり下落を続け、最終的に倒産したような局面で難平を続けていれば、ただ一つの銘柄で回復不能の致命傷を蒙る可能性がある。そのため相場格言には「へたなナンピン素寒貧」などナンピンの危険性を警告するものがある。

 


人によっては最初から決めてた計画的なナンピンを「買い(売り)増し」と言う人いるからそこん所注意。たしかに、無計画なナンピンだけをナンピンと表現した方が初心者には分かり易いかもね。



「確率上の有利と、損失額における不利の交換に過ぎない」

か、か、かっけーw
君、言い回し上手いね(謎の上から目線)
損失の飛ばし?損の先送り?錯覚?
結局、優位性(期待値)がなければダメなのよね~


まままま、


それはさておきナンピンを数字感情考え方でみたかったんよね~


まず、自分の感情。
含み損が嫌い。
含み損の時、視野が狭くなる事多い。
含み損の時、貧乏ゆすり多い。そわそわしてる。イライラもたまにある。損切りしたい。今のロットなら損切りに躊躇ない。順張り多い。


考え方はシンプル
上がる(下がる)と思って買った(売った)んですよね?
含み損って事は相場様が「あなたのポジは間違ってるかもしれませんよ~」と教えてくれてるんですよね?
含み損の時に更にポジ増やして大丈夫?間違ってない?

と、まあ、今の僕は順張り多いしこんな感じ。
これじゃあ、ナンピンしようとは思わないねw
逆張りは下がれば下がるほどチャンスだから難しそうね(他人事)
因みに、僕の逆張りはヒゲキャッチやピンポイントの底当てゲームだから突き抜けたら損切り。最初からナンピンって概念がないからナンピンしない。

無計画なナンピンはやりたいとも思わないしやろうとしない、頭の片隅に浮かぶ事もない。しかし、大きな含み損みて面食らったらどうなるか分からないから、油断しない慢心しない。

 

 




こっからはダラダラと数字で見てみよう。





色々計算したかったんだよね~
計算とか全然得意じゃないけど数字は好き。
計算間違いはご愛嬌。

 

 

 




ケース1
勝率 50%
勝ち平均 +150
負け平均 -100
期待値 +25

これは期待値プラスの良いトレード。
トレードはこんな単純に数値化出来ないからあくまでもイメージね~

 


ケース2
勝率 90%
勝ち平均 +100
負け平均 -300(特大ドカン込み)
期待値 +60

コツコツドカンだけど、勝率が凄く高いから全然問題なし。
しかし、ナンピンしまくる、それこそ無限ナンピンとかは

特大の損失が低確率で潜んでて期待値マイナスの場合があるから注意が必要。

それがケース3



ケース3
勝率 90%
勝ち平均 +100
負け平均 -300(特大ドカン除外)
負け平均 -1270(特大ドカン込み)
1%の特大ドカン -10000
期待値 -37


これ、これが嫌だからナンピンしない。


じゃあ、具体的にケース3の1試行を1日だとして。
100人が100日頑張ってトレードしたすると、
確率的に36人は1%の特大ドカンを喰らわない。
100人中36人は期待値マイナスのトレードを続けてるのに勝ってしまってる。
運が良いだけで決してトレードが上手い訳じゃない36人。


さて、この36人の心境は?






















「100日も安定して勝ててる。運だけでこんなに勝ち続けるのは不可能だ!
俺は上手ーい!ウェーイ」





まあ、反応は人それぞれでしょうけど、人によってはこんな勘違いをする人も出てくるんでしょうねぇ。ええ、勘違いしやすい僕の事ですね。

だから、ナンピン嫌い(まがお)



具体的にもう一つ。

1000日間。約4年間ケース3期待値マイナスのトレード続けてトータルでプラスになる人100人中何人でしょう?
1000日間って結構長いですね。
しかも、期待値マイナスですよ?
トータル収支プラスにするのはちょっと難しそうですね。


1000日間ドカンなしだと約+60000
ドカンは6回喰らえるね(理論値10回)






でましたーー







でででん👇










1000日間1度も1%の特大ドカンを喰らわない人は

1/23163

2.3万人に一人の選ばれし者。真の強者。
しかし、この選ばれし者を目指す努力はどうかと思う。
だから、神頼みとかは止めましょう。お祈りダメ絶対!(>_<)
この強者は期待値-37のトレードを1000回続けて、
約+60000稼ぎだしたって事だね。

強い(確信)






ドカン1回以下 推定損益+50000 1/2086
ドカン2回以下 推定損益+40000 1/373
ドカン3回以下 推定損益+30000 1/99
ドカン4回以下 推定損益+20000 1/35
ドカン5回以下 推定損益+10000 1/15
ドカン6回以下 推定損益0    1/7.7

注)例えばドカン6回以下の1/7.7はドカン6回ピッタリの確率ではなくて6回以下(ドカン5回や4回.3.2.1.0全て含む)の確率。


はい。期待値マイナスのダメトレードを4年間続けても100人中6~7人は+10000以上になっちゃいますね。100人中12人ぐらいはトータルでプラスになるりますね。
12/100でプラスって結構多い気がします(個人の感想)



勝つ続けても安心出来ないね~
だから、ナンピン嫌い(しつこいw)


ほいで、



たまに運だけじゃ勝ち続けられないと言う人いるけど、

「期待値マイナスのダメトレードを続けても、特大ドカンを運よく喰らわない人はある程度の期間なら勝つ続けられる

ケースもあるって事は頭の片隅に入れておきたい。
まあ「運だけで勝つ続けるのは不可能だ!」
とか言ってたのは昔の僕なんですけどね(謎のドヤ顔)




一応、運だけじゃ勝ち続けられない根拠をば👇


ケース1
勝率 50%
勝ち平均 +150
負け平均 -100
特大ドカン 0%
期待値 +25

ケース31000回試行(期待値は-37000)しても、ドカンの回数が少ない運のいい100人中12人はプラスになっちゃいますよと言うのは上で書きました。

では、ケース1特大ドカンなしで期待値プラスのトレードを1000回試行したらどうなるでしょうね。期待値プラスだし殆どの人がプラスにはなりそうですね。じゃあ、100人中何人ぐらい不運でマイナスになりますかね。ちょっと考えてみても面白いかもしれませんね。体感でどれぐらいですかね。

答えは👇


計算
ケース1を1000回試行した時のチャララインは勝率40%
1000回試行で勝率40%以下だとトータル収支マイナス。
1000回試行で勝ちが400回以下になる確率は・・・




















70憶分の1














おお、全人類で一人ぐらい到達しそうですねw


段階的に見ると
試行回数1回だと100人中50人には負ける(当たり前)

試行回数10 100人中約37人は負ける
試行回数100 100人中約3人は負ける
試行回数1000 70憶人に一人の選ばれ死ものだけが負ける


結論
ケース1のような特大ドカンがない、
期待値プラスのトレードを続ければトータルでは負けにくい・・・
じゃなくて、負けない!と言い切ってもいいレベル。
トータルでは負けない!!!!
当然、逆も同じですよね。
期待値マイナスのトレードを続けたら?
トータルで勝てない!!!
勿論、確率と期待値と試行回数次第って事をお忘れなく。





これがカジノやパチ屋などの胴元が絶対負けないカラクリ。
客はやればやるほどトータルで負ける確率がハネ上がる
上の確率の変化を見れば一目瞭然でしょ?
確率の収束の一例。これ見るとビギナーズラックもある程度説明がつくね。
競馬は仕組みが違うからまた別の話ね。




ケース1少し分かり易く書くと
コインを投げて表が出たら150円貰える、裏が出たら100円支払う。確率は2分の1でコインを投げる回数は1000回。1000回投げ終えた時にトータル収支がマイナスになってる人は70憶人に1人。逆に考えたら99.9999%負けないギャンブル。これトータルで見たらリスクなんてないでしょ?

 




おまけでもう1つ

1000日間2000人がケース3トレードをしたとしましょう。
さて、2000人もいるとその中で一番運の良い人は👆の計算によると+50000ぐらいになりますと。更に、この一番運の良い人は資金管理がガバガバでしたと。

はい。あまりトレードが上手じゃない億トレの出来上がりですね。

人数を増やせば運の良い誰かは成功(億トレ)する。
実力なのか、運が良かったのかは誰にも分からない。
だから、僕は結果をあまり気にしない。





ほむ、





勢いで誰にも分からないと書きましたけど、
確かに、億トレと言う結果だけで判断するのは難しいですね。
しかし、発言などを見てれば実力があるかないかはある程度分かりますね。

例えばテスタさん。(僕とは次元が違い過ぎて名前打つだけで手が震えたぜ)
100個別々の世界線があっても100個全ての世界で20憶~2000憶ぐらい儲けるはず。運がいいとかない、勝つべくして勝ってる。


「勝つべくして勝つ」これが僕の目標。

因みに、僕は億トレの方全員凄いと思ってます。
資金をツッコめるメンタルはやっぱり凄いですよ。
しかし、トレードが上手いと思えない人も中にはいます。
あれ?億トレの割に・・・って人ですね。
あくまでも億トレの割にって事ですよ。


一応、億トレ擁護じゃないですけど、
・トレード上手いけどチキンで一生億トレになれない人
・トレードは下手だけど資金をツッコめるメンタルある人
後者はトレードが上手くなれば億トレ一直線ですから億トレ近いですね。
前者はチキンって治すの大変ですから、
億トレはちょっと遠いかもしれませんね。
しかし、どちらが優れてるとかはないと思います。

 

 

色々書いたけど計算合ってるかなw
まままままま、大体分かればいいしね。
所詮、数字は数字。

さて、現実に当てはめて考えましょ。



ケース3
ドカンなしなら一日平均6000円の利益
しかし、ドカンと100日に1回-100万円くらってしまう。
うむ、これは流石にダメなの分かるねw
ドカンの確率と金額と利益のバランス悪いね~
そんで、結果的にたまたまドカンが少なかった、
運の良い人達はある程度の期間なら勝ち続けれるんだぜ~
ほんと怖い、ゾッとするわ。

Q、何故、怖いのか?
A、期待値マイナスの間違ったやり方なのに、神の気まぐれで勝ってしまい、間違いを間違いだと認識できてないから。


オプションの売りとかは。
ドカンなしなら1日平均6000円の利益。
で、ドカンと1000日に1回-1000万くらってしまう。
オプションやった事ないから知らないけど、こんな感じかなw





ドカン、ドカン・・・・





ドカン






ドカン

 

 

 

ドカン、ドカン、うるさいね~、ア〇ギ君は。
で、結局、ダメなドカンっていくらなの?
半年分の利益?1年分?資産の何%?




別に期待値がプラスならいくらでもかまわない。
ただ、破産確率には注意しろよ。









流石ア〇ギさんっぱねーっす!





じゃだめかw
期待値なんて分からないしね。



デイトレなら「10年に1回の最低最悪のドカン=半年分の利益」かな
それ以上は流石にヤバそうね。資産の何%とかは人(年齢とか目標とか)によって変わるからなんとも言えない。

ケース1を1000回試行してマイナスになる確率。70憶、70憶、書いてたけど正確には111憶かな?ままま、誤差誤差。細かい事は気にしない。

まとめ


さて、

簡単にまとめると
「運だけで長期的に勝ち続けるのは難しい。しかし、特大ドカンの可能性を秘めてる場合は運だけでも勝つ続けられる場合があるから注意が必要。だから、ナンピンの扱いは慎重に」
こんな感じかな。



なんか、ナンピン嫌いな理由分かった気するw
数字で否定しちゃってるから、嫌いなのかもね~
あと、無計画なナンピンは一生やらなくていいこれは必要ない。

計画的なナンピンは使ってもいいと思うんだけど、
順張りの多い僕には難し過ぎる。

それと、初心者がナンピンするのは本当におススメしない。
正しいトレードなのかどうかマジで分からなくなるよ。



ナンピンを舐めない方がいいぜ

 

                  

ホームへ

 

 

ランキングに参加しています
ランキングへ飛びます

コメント