2/3(月) +4941

「BTCFXトレード内容見直し」

株 -1200
b +6141

 

株はコロナ関連見つつ指数が動いてたから、中国寄った後↑見て値動き落ち着いた所で売り。も、あっさり損切りの-1200

で、BTCFX。
散歩しながらぼーっと考えてた。
2019年10月から直近4カ月の合算データ

取引数 370回
基本ロット 2
損益 +51340

まーーー、勝ててない。
値動き難しいしプラスなだけええやん。
とも言えるけど・・・
やっぱりちゃんと勝ちたい。
例えば、相場変わらず(最近は値動きが機械的と言うか安定してるイメージ)、自分も変わらずトレードを続けた場合、未来の結果は
「儲からない確率が高い」
と言える。
体感?ノー。

もう少し具体的に数字を見てみよう。
370回取引してる。
2枚は金額にすると180~200万円ほど
儲かった金額は税引き前で5万円
期間は4カ月。

下振れ?不運?
例え下振れだとしても足りてない
ドカンなし、タラレバ少ない。
上手くやればもっと取れたって少ない。だからもう、優位性自体が消滅してるかなと、、、悲しいけどね。

ボラ、人増えれば期待値プラスのトレード出来ると思う。しかし、今の相場には通用してない。優位性ない、期待値ない。数字は嘘つかない。


んで、今後どうするか。
自分の中でここは取れそう(取り易そう)って場面何個かあるからそこを中心に見る感じでいいかな。
・意識価格反転順張り
・目指す動き
・ブレイク後の値動き落ち着いた所
・ブレイクだけに固執しない


期待値ないトレード続けてもしょうがないんで、


<取れてないって現実と向き合って修正して相場に合わせる>


後、昔は大きく動いてたからそのイメージが残ってて、大きく値幅狙ってしまったり、変に固執してる部分あるからそこら辺も注意かな。

                  

ホームへ

 

 

ランキングに参加しています
ランキングへ飛びます

コメント