BTCFX考察、過去トレ反省

20190626 17:48

価格乖離5.4%

出来高更に減、板スッカスカ。

短期、中期的な目線はフラット。長期的な目線は売り。

パッと思うのは売りだけど、そんな単純にここで売って取れるほど甘くなさそう。何かしらのきっかけ欲しい。売るならそのあとでいいのかな。

買いは恐怖心もありいい感じ。ここで買うの怖い。恐怖心があると言う事は買いありな気する。

売りたいけど買いに恐怖を感じるから目線はフラット




過去トレ反省

体感的な事。

まず、自分のトレードを3つに分ける

1 根拠も素晴らしく凄く自信のある取引
2 その他いろいろ
3 ノイズ取りに近い取引

で、それぞれ割合が

1が0.5割
2が6割
3が3.5割

板を見ると

1 板沢山ありロットがんがん増やしても問題なし
2 まちまち
3 ロット増やのきつい


1は自信もあり板もある。


ガンガン攻めるべきだった。

よく言われる事「チャンスの時ロットを上げる」
.
意識してないと難しい

逆に意識していればいけるはず。



何年も意識されてた高値(安値)抜けた(抜けそう)ならそこはチャンスになりやすいし、1時間前の高値ブレイクなんかはチャンスにならない事多い。

何がチャンスなのか、例えばこの取引は過去の取引に比べてどうなのか。この辺は意識していきたい。

                  

ホームへ

 

 

ランキングに参加しています
ランキングへ飛びます

コメント